さいたまからきました! 海釣り日記

こんにちは!さいたまキョウヘイと申します。埼玉県在住・32歳・釣り歴3年目の初級者です。そんな私の失敗談を書き綴っております。先生は常に募集中!(笑) twitter始めました@saitamafish

本牧海釣り施設の釣り(道程編)

横浜にある、堤防海釣り施設の「本牧海釣り施設」に行ってきた。

 
埼玉県から車で、首都高湾岸線を利用して1時間足らずで到着するアクセスの良い、管理海釣り施設だ。
 
前々から気になっていて、ようやく行く機会が出来たので友人と共に釣行を決行した。
 
 
 
出発は当日午前0時。
 
眠くてしょうがない。
 
なんでこんなに早く出るのかというと、土日はものすごい混雑状況をみせ、駐車場にすら入れないかも知れないといろいろなサイトに書いてあったからだ。
 
到着予定は午前1時!
 
さすがにこれなら問題ないだろうと念には念を重て、早々に出掛ける。
 
与野インターから乗って、本牧ふ頭出口まで所要時間1時間、料金1,300円くらい。
 
 
ほぼトンネルなのでドライブとしての夜景は楽しめないが、NACK5を聞いていれば、あっという間に本牧ふ頭ICまで到着する。
 
 
 
 
高速を降りたらすぐ左折し、D突堤方面に進んだ突き当り(約5分)に進めば施設の駐車場に到着する。

f:id:childfoot2000:20160530004136j:image
↑静けさが立ち込める、深夜の本牧海釣り施設周辺
 
 
 

途中、左手に一軒だけコンビニがあるので、買い出しはそこで済ませるといい。

 
(そこの店主の方が海釣り施設を使う際の裏技を教えてくれた。感謝。)
 
 
 
道なりに進むとほどなくして、海釣り施設の駐車場に到着する。
 
 
この時点で時刻は午前1時過ぎ。
 
この時間でも駐車場に入れるので、納車。一日500円。
(過去の他の方のブログなどを見ていると夜中は入れないとかの情報があるが2016年5月時点では上記の通り)
 
 
 
まあ、俺らが一番乗りだろうと思っていたら、とんでもない!
 
すでに20台は車が止まっていて、開園を待っているではないか!!
 
 
どんだけ~
 
 
 
ちなみにこの日は日本ダービー開催日の為、ある程度は空くと見込んでいたが甘かった!!
 
もし本牧海釣り施設に行く予定なのであれば、出来るだけ早く家を出よう!
 
 
 
 
 
そして、ここでコンビニの店主の裏技が役に立つ!

 

 

ポイント①駐車場に入れたらすぐに、施設入り口の列に入場の順番待ちとして、自分の荷物を置いておく事!

 
てかこれ常連しかわからんローカルルールやんけ!!
 
これをしておかないと、折角夜中のうちに一番乗りで着いていても、施設の中に入れるのは最後尾!
とかいう謎現象が起こり得る!
 
必ずやっておくこと。
 
荷物が盗られないとは言い切れません。
 
バケツ一個でも良いみたいですので自己判断で。
 
 
 
 
 
さて、ここまでしたら後は5時半頃まで、釣りのイメトレをしながら、車の中で寝ていよう。
 
 
 
 
ちなみに、俺らは殆ど寝られなかった!
 
 
 
なぜなら
 
 
 
車の中に何匹か、蚊が侵入していたからだ!
 
 
最悪だ!
 
 
寝ようとすると耳元でぷ~ん
 
 
 
あちこち食われて痒い!
 
 
 
そして眠いから苛立ちがMAX!
 

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■

 
 
 

ポイント②蚊を退治するまで寝られなくなるため、車のドアの開閉は最低限にしたほうがいい!

 
本当に辛い夜を過ごした。
 
 
ムヒも必須だわ。
 
 
 
 
 
 
さて、朝5時半になったら、入場順番待ちの荷物が盗まれていない事をチェックしつつ、施設入り口の券売機へ向かう。
 
利用券大人一人900円だ。
 
これを買ってから入場順番待ちの荷物のところへ戻る。
 
 
6時になったら開園だ。
 
胸が鼓動が高まる。
 
 
良い場所を確保する為には少しの苦労が必要だが、釣果に関わる事だ。
 
ちなみに俺らは入場列の30番目くらいだった。

f:id:childfoot2000:20160530004222j:image
↑開園直後の入場待ち列
 
ちなみにこの列、俺らの後ろに200人くらい並んでいる。
 
駐車場もほぼ満車状態であった。
 
 
 
 
6時
 
 
 
 
爽やかな朝の日差しと潮の香りと共に、いざ開園だ!
 
 
 
 
 
次回、釣果編!
 
 
今回も魚、釣れてます!