さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・32歳・釣り歴3年目の初級者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生は常に募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

【どハマリ】またまた南房総で釣りしてきた。

3月18日(日)

大潮


f:id:childfoot2000:20180323175549j:image
 

前日の深夜1時ころ日本橋から出発。

今回は友人Mくんと、友人Iくん、俺の3人釣行。

 

なんかここ最近、毎週末ごとに千葉に来ているような気がする。

 

夜のアクアラインは空きまくってて快適!1時間程で金谷あたりに到着。

(帰りは地獄の6時間‥)

 

24時間の餌屋「マリンスポット釣り吉」でオキアミとグレパワーを購入。
f:id:childfoot2000:20180319110539j:image

▲マリンスポット釣吉
〒299-2414 千葉県南房総市富浦町福澤869−1
0470-33-2880

https://goo.gl/maps/BWJ6rQDQAxL2

 

 

オキアミ解凍は電話予約可能。なのですが‥。(後述)

 無事にエサを買い早々と車に詰め込み、さあ出発!

 

 

そのまま今回渡船をお願いする白浜の石田釣り具店さんへ。3時頃に到着する。

 

一息ついてからコマセの前準備をする

 

あれ、なんかオキアミの様子が?

 

袋から出す

 

ズドンと音を立てる氷塊‥ッ!!!

 

 

オキアミ、カチカチやないかい! 

 

 

マゼラーで叩くとカンカン音がなるくらいの固さ。

端の方は申し訳程度に何匹かブロックから離れている。

 

つけ餌すくね!

 

予約したのになー‥とショックを受けつつも、買ったときに確認しなかったし、どれくらいの解答具合かも注文時に言ってなかったか‥うーん反省。

オキアミのエキスが逃げてしまうので、あんまり海水に漬ける強制解凍はやりたくない。

 

 

まあ気を取り直し友人2人にレクチャーしながら餌を作る。

 

配合詳細は過去記事参照↓

【爆釣!⁉】冬の南房総でグレウキフカセしてきた(道程編) - さいたまからきました! 海釣り日記

 

なるべくオキアミの形を残したまま混ぜたかったが、今回はオキアミを細かく崩しながら粉と混ぜることにする。

まあ、前回と違うところがあってもいいよね!

 

 

 

 

時間が余ってたので仮眠する。

 

5時半、船長が店に到着。

出船名簿を書く。

 

 朝日が昇ってくる。今日は昼間暖かくなるようだが今はすごい寒い!!

 

Iくんは車の中でもずっとライフジャケットを着ていた。暖かいねこれ。

 

 実釣

今回乗船したのは俺ら3人と石鯛狙いの方1人の計4人。

 

沖堤防に着き、I君に仕掛けの作り方とコマセの打ち方、聞きアワセなどを伝授。

釣り方の詳細はコチラ↓

 【爆釣!⁉】冬の南房総でグレウキフカセしてきた(釣果編) - さいたまからきました! 海釣り日記

 

前回の釣行時との変更点。

・ラインを1.5号から2号に変更し強度とラインの重さを若干アップ。

・針をグレ5号からグレ6号に変更した。これも大物狙いの為強度アップ。

 

一緒にテトラ帯を見て回り良いポイントになりそうなところを探し、いざ開始!

 

まずはコマセをバンバン打ち、魚にアピール。

潮も動いているし、風も強くない。なんだか良い感じだ。

 

1匹目はM君が釣り上げる。

15センチくらいのメジナだが彼は大喜び。彼は釣れれば何でも大喜びする。そこが良い(笑)

 

I君も俺も20センチくらいのがポツポツ釣れてきた。

うーん、もっと来てくれー!

 

おっといかん、殺気が伝わってしまう‥ラインは張らず緩めず。張らず緩めず。

 

 

1時間程経ったとき、I君の竿がぐーんとしなる!

なんかデカそう!!

タモの準備をしてくれとアイコンタクトを執拗に送ってきたので手助けする。

 

タモですくい上げると、うわー!でけえじゃん!!

35センチを釣り上げた!

これにはI君、超ニッコリ。


f:id:childfoot2000:20180324065813j:image

▲こんなの釣れると思わなかったよ!と喜ぶI君。

 

ちょっぴり(!?)先を越されたのは悔しいがコイツ結構釣るんだよね‥才能あるんじゃないか‥?

 

いや、きっと教え方が良かったんだ。うん。

 

 

その後M君が30センチを釣り上げ、これも大喜び。嬉しかろう嬉しかろう。

 

 

俺はサイズは恵まれず、残り時間も30分を切る‥

 

沈み根の1点を集中して攻める。

 

餌が食われる。

 

ハリがフグに切られる。

 

だが諦めず一点集中攻め!

 

その時、ウキに反応が出る!

 

どんどんと沈む。いいぞいいぞ。

 

す~っと丁寧に聞きアワセ‥

 

ブブブブという魚の生命感。

すかさず、アワセる!

その瞬間、ドカンと今までにない重さが竿にかかる‥!!

めちゃくちゃ重い!なんだこれ

 

こんな時どうしていいかわからない!

ウキも見えない!

竿を立てて引っぱり、戻したときにたるんだ分のラインを巻く様にした!

 

ああ、ちゃんとドラグを調整しとくんだった。いつも必要ない程の釣果だったのでキンキンにしていた。

 

もう一度竿を立てると

 

 

ブチイイン!!

 

瞬間で竿から重さが無くなった。

 

 

根ズレだ。

 

初めて根ズレを経験したが、とても虚しい気持ちになる‥。

どれくらいの大きさだったのか‥悔いが残る。

 

 

そして時間も来たので終了となった。

 

I君、M君ともに満足がいったようなので良かった。


f:id:childfoot2000:20180324072825j:image

▲I君の35センチは斜めに入れないと入らない。凄いぜ!やるな!

 

 

逃した魚の悔いが残るが、今回もとても楽しい釣行だった。

 

もうすぐ産卵のシーズンで、それを過ぎると良い型が少なくなるようだ。ぜひその前にリベンジしたいが‥できるかな?

 

 

 

課題

・根ズレ対策①ラインを更に太くしてみる

・根ズレ対策②やり取りで回避出来るようにする

 ・ドラグの調整具合の把握