さいたまからきました! 海釣り日記

こんにちは!さいたまキョウヘイと申します。埼玉県在住・32歳・釣り歴3年目の初級者です。そんな私の失敗談を書き綴っております。先生は常に募集中!(笑) twitter始めました@saitamafish

手ぶらでOK!城ヶ島の海上釣り堀で真鯛!ハタ!

2017年12月

 

もういくつ寝るとお正月ってときに、城ヶ島にある「海上イケス釣り場J’sフィッシング」へ行ってきました。

取り敢えずコレ!見てくださいよ!!


f:id:childfoot2000:20171217195509j:image

 ででーん!

 

なんとも立派な真鯛でしょーー!?お正月にぴったりだと思いませんか!?

なかなか陸からは釣れませんよ。

真鯛はこの釣り堀のメインターゲットなんです!

 

 今回は釣り初心者でも立派な高級魚が釣れちゃう海上釣り堀を紹介します!

ここなら俺でも爆釣でしょ。

 

余裕こいてると痛い目見るゾ。

 

 目次

 

 

 

 

海上イケス釣り場J’sフィッシング

リンク

J’sフィッシング(j’s-fishing) | 城ヶ島 海上 イケス 釣堀js-fishing.com


f:id:childfoot2000:20171217202125j:image

 

システム

コースは4タイプあり、

・3時間コース(午前・午後入れ替え2部制)

・2時間コース

・1時間コース

・1時間お試しコース

 

お試しコースは釣った魚の中で一匹だけ選んで持ち帰ることが出来、それ以外のコースは釣った分だけお持ち帰りが可能だ。

 

釣ったら釣っただけお得になる。

 

現に一人でめちゃめちゃ釣って、タイヤがついてる大きなクーラーボックスを満タンにして帰るような猛者もいた。

 

もうね、業者だよあれ。

 

 

 

ともあれ、俺たちは午前の部3時間コースをやってみることにした。

 



f:id:childfoot2000:20171217202814j:image

▲中はこんな感じ。(外からでも同じだわな)

 


f:id:childfoot2000:20171217203150j:image

 ▲外からのイケス風景。


f:id:childfoot2000:20171217202858j:image

▲竿はレンタル可能。手ぶらでOK!自分の竿も使用できる。

 

 

生け簀には随時魚が足され、もう真鯛のありがたみなんつーもんは無きに等しい。

これで釣れないのは結構悲しいぞ! 

 

 

友人、簡単に高級魚のハタを釣る!!

みんな一斉にスタート!

 

早々に真鯛を釣り上げるキッズ!

 

早!すごいな!

 

と、俺の竿にもHIT!

 

こりゃー入れ食いなんだな。

 

なんだよやっぱり楽勝やんけ。

 

なんて思ってたらバラしてしまった。

 針に返しのついていないバーブレスというもので、糸のテンションが緩まるとすぐにバレてしまう。

 

でも俺には余裕があった。こんなにすぐにかかるなら焦らなくともたくさん釣れるべ。と。

 

 甘い。

 

 その後、周りも連れ始めてあちらそこらでバシャバシャ聞こえてくる。

 

 

 

 

 

なんで?

 

ここで釣れなかったら俺いつ釣れるの?

 

 

そのとき、「なんか来た」と、この日が釣り初めての友人F君。

 

 

ばらさず釣り上げる。うまい。

 

しかも鯛じゃない!黒い!

 

 

後ろにいた爺さんが身を乗り出して口を出してきた。

「そりゃあハタじゃ!買えば相当な値段の魚じゃ!!!」

 

突然大きな声で話しかけられたのでびっくりしたが、すげえ魚を釣ったようだ。


f:id:childfoot2000:20180930000435j:image

▲ビギナーズラック…だよな

 

 

たしかにすごいが釣り初めてのやつにこんないい魚を釣られると、釣り歴2年の俺の立場はない…。

 

 

 

 

サムネの真鯛、釣ってません!

過ぎていく時間。

 

 

なんだかんだ残り20分。

 

ここで狙いをイカダのキワキワの深め一点に絞って集中攻撃をかける!

 

 

キタキタキター!!

 

ぐいーっと竿がしなりHIT!

 

 

ふふふやっぱり来たか!ボウズなんてありえねえええ!!

なんて心の中でほくそ笑んでいたらまさかのバラシ!!

 

 

ぴぃやあああああああ!!

 

 

しかも!すっぽ抜けた拍子にハリがウッドデッキに食い込む!

 

 

ぎやああああああああ!!!!

 

 

痛恨のミス!超絶タイムロス。

 

 

やはり抜け駆けは良くない。

 

釣れてる友人にキワキワの深めだよとお情けのアドバイスを受け、新たなハリへ交換作業に入る。

 

 

残り3分。

 

 俺のウキがスッ

 

 

スーッ!

 

っと消えていく。

 

 

ラストチャンスだー!と思い合わせる!

 

 

スカッ!

 

 

 

という音が聞こえた。

 

 

はい、バラしましたー。

 

 

 

ピピー終了ー。

 

 

結果俺は1枚も揚げることなく終了する。

 

 

そして店の方からお情けで「一匹も釣れなかった方に真鯛のお持ち帰りサービスがあります。いりますか?」

 

い、いりま…す。(超悔しい)

 

調子に乗るから

 

 

 

というわけで写真の真鯛はお店からのプレゼント品でした。

 

それが入る発泡スチロールを買ったら持ち手がついていなかった。

帰りの電車の中、小脇に真鯛の入った発泡スチロールを抱えて帰ってくるという、たいへん怪しい図が出来上がった。

 

たいへん悔しい苦い思いをした海上イケスだったが、普段釣りをしない友達やファミリーで来たら相当楽しめると思う。

 

 

 

釣れてない俺からのアドバイス

①キワキワ(手前や角)深めに仕掛けを落とすこと。

②釣れてる人は魚の切り身を餌に選んでいたこと。

③魚がかかったら常にライン(糸)は張っておく。前に倒さない。

④大きめのクーラーボックスは持っていったほうが良い。

 

これから行きたいと思っている方はこの4点、是非参考にしてみてください。

 


f:id:childfoot2000:20171217205602j:image