さいたまからきました! 海釣り日記

こんにちは!さいたまキョウヘイと申します。埼玉県在住・32歳・釣り歴3年目の初級者です。そんな私の失敗談を書き綴っております。先生は常に募集中!(笑) twitter始めました@saitamafish

雪の中城ヶ島でノリグレやってきた。

いやー、寒いですね。

ご存知ですか?なんでも氷点下3度を下回ると水道管が破裂するらしいんです。そんな特集をテレビでやっていた矢先、うちの外にある水道管が破裂しました。

 

どうも、持っている男さいたまキョウヘイです。

 

 

4年ぶりの大雪

1月22日

前日、東京では2014年以来4年ぶりとなる大雪警報が発令され、積雪量は最大で24センチとなった。

 

このごろ釣りに行こうとするとハプニングが起こりまくって何度も断念していたのだが、よりによって大雪とな…(T_T)

 

それでもこの機を逃すと次は来月後半まで希望はない。いや、むしろそこで雪や槍やイシツブテが降ってこないとも限らない。

ならば行ってしまえの精神である。

強行釣行開始!

 

6時ころ家を出る。思った通り道路の雪は氷になりかけていてだいぶすべりそうだ。

 

9時半城ヶ島に到着。

 

釣り餌屋で、お店のオリジナル青のりパックとマルキューの配合エサ【ノリグレ】を購入。

城ヶ島に来たらここの婆さんに会わないと釣りが始まらな…いやそんなことはない。

 

今回はノリメジナをやってみたかった。

 

だが後から聞いたところノリの量が圧倒的に足りないようである。

 

バッカンいっぱいに用意しなくてはならない。いやー、ノリを集めるのも大変ですなあ。

 

ともかく今回はスーパーとかで揚げ物のお惣菜を入れるパック(コロッケ一個サイズ)のノリの量で勝負をする!

 

さあ、燃えてきたぞ!!

 

 

そしてヒナダンヘ向かう。

 

爆風過ぎだろ!!



f:id:childfoot2000:20180125174204j:image
▲ザパーーーン!

 

ち〜ん。

 

超爆風。いつぞや嵐が来た時の城ヶ島と同じ風が吹いていて、波はザッパザパの大荒れ。

東映の映画なんてもんじゃねえ。

 

右からの風が強すぎて歩けねええええ!!

 

これ、ゼログラビティが出来るよ。

 

でも俺の炎は燃えている。

 

一歩ずつ磯際に向かって進み続ける。

 

 

誰もいねええええええ!!!

 

そりゃそうだわ。

 

これも後で知ったことだが、
f:id:childfoot2000:20180125171637j:image

人間界へ溶け込み方がハンパない…て、そっちじゃなくて

 

波浪警報と強風注意報が出ていた。

 

だがそんなことは露知らず。選び放題じゃと心踊っていた。

 

結構暖かかったのだが、濡れるのはやっぱり嫌なので濡れなそうでいい感じのポイントを探して回った。

 

波がかかってないところが無いくらいなんだけど、その中でもまあ良さそうな場所を発見。

 

荷物は少しだけ離して海の具合を覗く。

その時!

 

 

ザッパアアアアア!!

 

後ろの方で大きな波しぶきが上がった!

 

それが俺のバッグを直撃!

 

俺のお昼ご飯に買ってあったおにぎりがびしょ濡れに!!!!

 

 

 

 

俺の心の炎は消えた。

 

 

 

準備開始

おにぎりはしょうがねえ。釣りじゃ!

 

とりあえず落ち着いて、釣り竿などを出し、糸を結んだりし始めた。

 

その時!また大きな波しぶきが!

 

今度は俺を襲う!!

 

背中側からスプラッシュマウンテンよろしく、風呂釜をひっくり返したような量の水がぶっかかってきた。

 

ヒャッホオオオーイ!

 

変な声が出る。

 

しゃがんで無かったらマジで危なかった。

 

幸いレインコートを着てフードも被っていたので、服の中はびしょ濡れにはならなかった。

 

うーん、無理!

 

こんな中で釣りなんぞするやつは頭がどうかしちまってる!

 

風が治まることを願って休憩タイム。

 

ただただ風に背を向け小さくなって座っていた。

おにぎり、しょっぱいよ。(´;ω;`)

 

 

散歩タイム

暇なもんで馬の背洞門へ散歩。

 

丘の上から海を眺めてポイント探し。



f:id:childfoot2000:20180125174254j:image

 写真で見ると穏やかに見えるのが悔しい。

常時耳元では風がボババババと音を立てていた。

この土手の上にいても水しぶきが飛んでくる。相当でしょこりゃ。

 

 

ここからみると少しマシな場所がわかった。

登って正解。

 

 

左側のちょっと湾になっているところに移動する。

 

写真でもわかるが少し離れたところにつき出た磯があって、それが防波堤の役目をしてくれているのだ。

 

ここで12時のチャイムがなる。

 

 

 

気を取り直して再開!

さあ、釣りをするぞー!(釣るとは言ってない)

 

離れたところで仕掛けだけ作って最低限の荷物でポイントへ移動。

 

ノリって付けづらいのね。適当にクルクルッてしてさあ第一投!

 

風で抑え込まれるがなんとか投げ入れる。が、海のうねりが激しくてウキがあっちゃこっちや流される。もうあたりとかそういうのがわかるわからないの次元ではない。

 

一応ウキがズボーッと下がっていったので合わせてみるも、ただ渦に吸い込まれただけのようであった。(~_~;)

 

ノリもついたまんまだしそのまま2投目!

 

ピュ〜と風が吹く。

 

ん?どこいった??お、あったあった

 

こんな感じである

 

そのまま流し続けているとまたまた渦に吸い込まれた。

 

あーあ

 

抜き上げようとするも根掛かり。

 

あーあーあーあー

 

ちょっと強めに引っ張ったら道糸から切れてウキ含めウキ下全部ロストー。

 

同時に俺のやる気もロスト〜

 

 

結局15時頃までいましたが2投しかせず終了〜

 

今月はもう来られないのに悔しい(TдT)

 

頭が潮でボッサボッサだったがそのまま帰った。

 
f:id:childfoot2000:20181005152858j:image


 

2月の半ば、リベンジに向けて釣りの勉強します!